「星屑リグレット」が発売されました。ちょっとした解説と発売イベントのお話。

みなさん、ご無沙汰しています。

satoshiです。

 

2018年8月15日、「星屑リグレット」が発売されました。

こちらは2曲入りのシングルです。LapLusとしてCDを発売するのは初めてになります。

よかったら聞いてみてください。

 

聞いてみたくなるようなことを書きます。

まず「星屑リグレット」ですね。

 

この曲は僕の作曲で、作詞は行来(読み方:ユキ/LapLusのボーカリスト)が担当しました。リリックムービーはユナイトの莎奈さんに作っていただきました。


LapLus 「星屑リグレット」 Lyric Movie

 

見たことのない方は是非見てみてください。

僕はこの曲を「綺麗な曲」だと思っているのでイメージにぴったりのムービーを作ってもらえたな、と思っています。

 

聞いてもらうとわかると思うのですが、メロディーがわかりやすい曲に仕上がったと思っています。これは楽曲のアレンジやサウンドメイクも大きな要因だと思いますが、一番は行来の歌声と「星屑リグレット」の相性が良いんだと思います。

 

ドラムのフレージング、サウンドメイクも良いです。

チューニングは篤人さんによるものです。篤人さんはドラマーのキャラクターを踏まえてサウンドメイクしてくれるので音が良いのはもちろんですが、演奏がしやすいです。

ドラムのチューナーをお探しの方は連絡してみてください。

篤人オフィシャルウェブサイト | eStrial/Angels/DRUM☆GODS/etc...

 

次にHIDE&SEEKについて書きます。

HIDE&SEEKは「ライヴ向けの曲が欲しい」と言われ作りました。

"ライヴが楽しい感じ"が想像できるかと思います。

実際、ファンの方も楽しいみたいですよ。

HIDE&SEEKが始まると会場の熱が上がる感じがします。

 

ドラムのフレーズの難易度が非常に高くて、テンションが上がります。

"神の舞"と呼ばれる2つのハイハットを使った16th grooveのリズムパターンを駆使しています。BPMは155で、かなり厳しいです。(このフレーズが気持ちいいはBPM130-140くらいです。)

 

余談ですが"神の舞"という言葉は、明人(ローディー)が産み出しました。

僕らが尊敬してやまない先輩の演奏を拝見(拝聴)させていただき「本当に美しくて、舞っているように見える」と言ったのが始まりです。我々の流派からしたら神様のような存在です。そこから自然に"神の舞"という名前が定着しました。

 

話を戻しまして、HIDE&SEEK。

ファンキーな仕上がりになっていてとても気に入っています。

イントロのザッピング(というのか?)にはHAKUMEIを一瞬流しています。

いわゆる、ラジオのチューニングのことです。昔はこうやって合わせたそうです。(僕はCD世代なので実際は知りません。イメージで作りました。)

 

30歳くらいの方はお父さんかお母さんに、学生の方はおじいちゃんかおばあちゃんに聞いてみてください。多分わかると思います。

 

今回はシングルなので2曲です。

そうでした、2曲とも僕の作曲になります。

「satoshiは知ってるけど、LapLusは知らねぇんだよなぁ」という方、是非聞いて見てください。流行りのハードコア風(まだ流行っているのか?)ではないので、デスシャウトをやるバンドではないですが、敢えて隙間を多く作ったアレンジを施しているのでメンバーそれぞれのスキルが聴いて取れるかと思います。

 

今後もメロディーとコード感を重視した曲作りをしていこうと思っています。

ドラムはいつまでたっても"こういうドラム"しか叩かないと思うので"こういうドラム"が好きな方は期待しててください。

 

そうでした。

最後に9月6日の話をしておきます。

9月6日に渋谷REXにて「星屑リグレット」のインストアイベントみたいなライヴをやります。

LapLus OFFICIAL SITE

 

詳しくはHPを見てください。

簡単に説明すると、9月6日当日に「星屑リグレット」を買っていただくか、8月15日以降のライヴで「星屑リグレット」を買っていただいた方が対象になります。

 

「物販でCD買ったら9月6日にちょっとしたライヴが見れる」みたいなことです。

トークも多めにしたイベントにしようと思っているので、気軽に来てください。

 

ちなみに入場順は、8月15日以降の物販購入がA(前売り)、9月6日当日購入がB(当日購入)みたいなことです。A(前売り)→B(当日購入)みたいな感じです。

単純に整列の問題的な話です。整列後に当日購入の方が1番とか出ちゃったら、整列が乱れちゃうらしいのでそうしました。

 

ちなみに前売りの整理番号付きの参加チケットは物販での購入時にシャッフルで配りますので、好きな番号が出るまで買ってくださいね笑。

 

(ちなみにドリンク代は入場時に別途かかります。)

 

演奏は真面目にやりますがライヴというより、インストアイベントに近いので「ライヴが見れるインストアイベントみたいなもの」と思ってくださいね。

 

楽しくやりましょう。

CD発売イベントなので「CD買ったらライヴ見れるらしいから行こうぜ」と友達誘って遊びに来てください。

 

ドラムとか楽器が好きな男子も来てね。

(今のところ1バスでやる予定だけど、どうしてもって人がいるなら2バスでやっても良いので。・・・まぁ、自分なら2バスなら行くかな。フルセットが2バスのドラマーが1バスの時ってどうしても手を抜いているように見えるから笑。実際やっている側は、そんなことないんだけど。)

 

ライヴ向けの新曲も披露する予定だから、楽しみにしててね。

僕も曲作り頑張りますよ。

 

それじゃあ、また更新したくなったら更新するのでその時に。

「羅針盤の上、変動の兆し」@Takadanobaba AREA(2018年4月8日)

LapLus、初ライヴやってきました。

チケットはソールドアウト。みなさんありがと。

 

お花もいただいちゃいまして、一緒に写真撮ってもらいました。

f:id:tsubakurou_satoshi:20180414104211j:plain

f:id:tsubakurou_satoshi:20180414104241j:plain

f:id:tsubakurou_satoshi:20180414104300j:plain

こういうお花をいただくのって嬉しいです。

(紫多めで良きだよ(^_-)♡)

 

セットリストはLapLus的王道セットリストでした。

M-1 HAKUMEI

M-2 RED QUEEN -禁断の果実-

MC

M-3 「夢幻に消えた翼は砂上に歌う」

M-4 NightDrive

M-5 Mr.PRAYER

MC

M-6 星屑リグレット

 

「一番LapLusの世界観を伝えやすいかな」と思ってこの曲順にしました。

リハーサル期間に違うセットリストも試したのですが、ミニアルバムの曲順がバンドの意向にやっぱり近いということでこのセットリストになりました。

 

もっとたくさん曲を足していけたらライヴ、楽しくなりそうだね。

・・・ところで、初ライヴなのにみんなノリがバッチリだったのはなんでなの?

 

 

盛り上がってくれたみなさん、詳しく説明してください。

よろしくお願いします。

 

本日、初リリースイベントです!

当日の参加もできますので、会いに来てくださいね。

 

satoshi.

ブログをはじめました。

3月も終わりますね。

突然ですが、ブログを始めることにしました。

最近は渋滞に悩んでいます。電車も混んでいるし(電車、たまに乗ります)やることも多いし、参りますよね。

 

SNSを楽しもうと思いまして、突如開設しました。

あまりLapLusとは関係ないことを書くと思うので、ゆるめの気持ちで見守ってください。コメントとかしてくれたら反応するかもなので、足跡残していってください。

 

最初は自己紹介的なブログにしましょうか。

続きを読む